スポーツ選手や力仕事をする肉体労働者に腰痛持ちが多いのは、御存知の方が少なくないみたいですね。何故なら、腰に負担がかかるような動きを日常的に行なっている為ですね。最近では随分かわりましたが、昔の日本の運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)部やスポーツ選手の練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)というのは、過酷なら過酷なほど良いというような風潮がありました。肉体に負担をかけるほど身体が鍛えられ、上手になったのであれね信じられていたと呼ねれているのです。しかし、それは体に負担を掛けるだけで、後に特に足腰を故障してしまったりする人が多く出ました。腰痛は腰の周りの筋肉を鍛えれば改善するとも信じられていましたが、最近ではその論理にも疑いが持たれ始めていることでしょうね。つまり、可能な限り負担を掛けないような運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)が理想だと言うことなんです。それは例えば、フォーム(自己流で身につけようとすると、変な癖がついてしまいますから、指導者について教わったり、鏡や動画などでよくチェックしましょう)にもいえる点です。正しいフォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)であれば負担は少なくて済みますが、ちゃんとしたフォーム(間違ったままで覚えてしまうと、修正するのがとても大変です)がみについていないと身体の余計な部分に負担がかかり故障の原因となってしまいます。出来る限り腰に負担をかけない良い姿勢で運動をすれば、激しいスポーツでも問題にはならないのです。でも、腰に負担が掛かるような体勢で行なってしまうと、軟骨がすり減ったりするような事が起きてしまうんですね。人間は立った時に横からみて、背骨が軽いS字カーブを描く状態の姿勢が一番腰に負担がなく望ましいかも知れません。猫背(改善のためには、普段の生活習慣に注意するのはもちろん、筋トレなども効果的でしょう)であれね、体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)が前方にかかってしまう為、バランスをとる為に腰に負担がかかるのですー